2017年11月25日土曜日

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4


四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左右隻とも胡粉で雲を表わす。ちょうつがいのところを少し切りつめてあるようだ。柳の幹は水墨風なり。出光美術館本、大日本インキ本屏風の筆致を思い出させる。夏、秋の葉は緑青のほか、モスグリーンの葉を混ぜる。葉の表と裏を描き分けたもののごとし。三宝院も同じだったように思う。春柳の枝がすっと左の方へ伸びるところ、牧谿の松を思わしむ。金地の調子も大変よい。五紙継。

    箱蓋表 長谷川等伯筆柳図屏風
      裏 昭和廿六年六月十七日 土居次義鑑

表の字も土居先生だろうが、少し裏と異なるようにも見ゆ。等伯の傑作として『國華』に登載すべし。


2017年11月24日金曜日

細見美術館「末法/APOCALYPSE」3


「ようです」なんて言うのは、まだ僕が見ていないためです。何とか期間中に拝見したいと思いますが、まずはこの傑作特別展を、「饒舌館長」でお知らせしたいと思った次第です。

「わぁ欲しいなぁ」の極めつけは、尊敬して止まない鑑真和尚ゆかりと伝える「蓮弁」です。日本へ律宗を伝えるため、渡航を試みるものの、海賊や嵐の難に遭って5回も失敗、その間に失明しましたが、初志を貫徹して754年ついに来日に成功したというかの鑑真さんです。この「蓮弁」は、鑑真さんが律宗の根本道場として建立した唐招提寺金堂の本尊「毘廬遮那仏像」の台座蓮弁と伝えられているそうです。

しかし「僕の一点」には、深く心に刻まれている長谷川等伯筆「四季柳図屏風」を選ぶことにしましょう。はじめて僕がこの作品を見たのは、2006106日のことでした。広げられた瞬間に、長谷川等伯だ!!と直感しました。そのとき取ったカードを、そのまま紹介することにしましょう。


2017年11月23日木曜日

細見美術館「末法/APOCALYPSE」2


いいも悪いも、一人称で語り、評価する美の世界は、今日狭まっていくばかりです。このような、美術にとってある種の末法の世に掉さすため、コレクター、美術商、現代美術作家、学芸員、研究者、編集者などさまざまな立場から、一人称で日本美術にかかわってきた有志が、このたびのプロジェクトを企画しました。
敬愛すべき幾人かの個人をモデルとして生み出された架空のコレクター「夢石庵」に、個人と美術のかかわり方の理想的な姿を仮託し、忘れられたその人を顕彰するというテーマで、コレクション展を催す、というものです。

 『國華』120周年記念展「対決 巨匠たちの日本美術」(東京国立博物館平成館 2008年)や、琳派400年記念祭記念特別展「琳派 京を彩る」(京都国立美術館平成知新館 2015年)はもちろん、秋田県立近代美術館でも静嘉堂文庫美術館でも、どうやったら一人でも多くの入館者を集められるか、そればっかり考えてきた僕をして、穴があったら入りたいような気持ちにさせる特別展のようです。


2017年11月22日水曜日

細見美術館「末法/APOCALYPSE」1


細見美術館「末法/APOCALYPSE 失われた夢石庵コレクションを求めて」(1224日まで)

 素晴らしい内容の特別展です!! 送られてきたカタログのページをパラパラと繰ると、「わぁ欲しいなぁ」と思うような作品のオンパレードです。「しかし不思議だなぁ、夢石庵なんてまったく聞いたこともなければ、読んだ記憶もないないなぁ……」

そう思いつつ、最後の「種明かし――末法の世に掉さす、一人称の美の世界へ」を読めばすべて氷解、これは新しい空想美術館なのだと分かり、改めて心に響くものがありました。この特別展の趣旨を含めて、その種明かしの一節を引用することにしましょう。

初公開、新発見、○万人動員、○時間の大行列、○○万円で落札、国宝・重要文化財に指定等々、作品を観なくとも、字面を追うだけで判断できる、定量的な指標によってのみ美術が語られる状況には、戸惑いを感じざるを得ません。誰かが――国が、美術館が、マスコミがいいといったから、ではなく、自分自身がその存在を賭けて美しいと言えるものを贖[あがな]う。

2017年11月21日火曜日

三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック」3


画面右上のトレード・マークは、有名なロートレックなどと同じように、日本の印章や花押からインスピレーションを受けたものでしょう。TASを組み合わせ、カボチャ型の楕円で囲ってありますが、その楕円はどうもネコの首輪をデザイン化したものように思われました。

スタンランの作品としては、「シャ・ノワール巡業公演のためのポスター」も出陳されていました。こちらの黒ネコは、「ボディニエール画廊にて」の黒ネコと違って、目をランランと光らせて、ちょっとおっかないんですが、これまたオススメの多色刷りリトグラフですよ!!

先日、静嘉堂文庫美術館開催中の企画展「あこがれの明清絵画」にちなんで、おしゃべり館長トーク「ネコ好き館長による猫の絵画史」をやったことは、すでにアップしたとおりです。いつかその「パート2」を頼まれる機会があったら、西洋絵画ネコ絵ベスト・テンでやりたいと思いますが、そのときは絶対スタンランの「ボディニエール画廊にて」を入れることになるでしょう。

2017年11月20日月曜日

三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック」2


 まさにその通り!! 6500点の美術品コレクションを誇るわが静嘉堂文庫美術館に対するエールのようにも聞こえて、とてもうれしくなりました。

「僕の一点」は、テオフィル・アレクサンドル・スタンランの多色刷りリトグラフ「ボディニエール画廊にて」です。スタンランはスイスに生まれたフランスの風俗画家にして版画家です。19歳のときパリに出て、キャバレー「シャ・ノワール」――つまり「黒猫」に入り浸りながら、いろいろな新聞のために風刺画を描きました。

20世紀に入ってから、ジャン=ルイ・フォランらとともに風刺新聞「ユモリスト」を創刊したことでも、フランス近代絵画史に名を残しているそうです。

「ボディニエール画廊にて」は、そこに飼われていたと思われる2匹のネコをモチーフにしています。1匹はキャバレーの名と同じ黒ネコ、1匹は三毛ネコです。背景を描かずにネコを右側に寄せ、左3分の1ほどを余白に残した構図がとても洒落ています。スタンランは真のネコ好きだったことがよく分かります。好きでもないのにただネコをモチーフに選んだような絵なんか、僕にはすぐバレてしまいますよ。

2017年11月19日日曜日

三菱一号館美術館「パリ❤グラフィック」1


三菱一号館美術館「パリ♡グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」(201818日まで)

 「19世紀末パリ、猫も杓子も踊り子も、みんな版画に恋をした」――カタログに巻かれた腰巻のすばらしいキャッチコピーです。みなさんよくご存知のように、三菱一号館美術館コレクションの中核に、版画やポスター、挿絵本など、19世紀にブームとなったグラフィック作品があります。

これらに、オランダ・アムステルダムのファン・ゴッホ美術館コレクションから精選されたグラフィック作品を加えて企画されたのがこの特別展です。館長の高橋明也さんは、このような美術館におけるコレクションの重要性を、詩的表現を交えつつ次ぎのように述べています。

美術館はその収集品を通して存在し、また成長していきます。常設展示にはもちろんのこと、企画展を作り実現するに際しても、その発想の根幹は、そこに大きく依拠するにせよしないにせよ、美術館のコレクションに基づいています。美術館に働く者にとって、収集品は汲めども尽きぬ泉であり、輝く太陽であり、動き続ける心臓なのです。これらなくしては、美術館は単なる展示スペースに過ぎません。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...