2017年4月25日火曜日

静嘉堂文庫美術館「挿絵本の楽しみ」1


静嘉堂文庫美術館「挿絵本の楽しみ――響き合う文字と絵の世界」528日まで>(416日)
 
 現在、静嘉堂は一般的に美術館として知られているかもしれませんが、もともとは図書館でした。明治25年(1892)三菱第二代社長・岩崎弥之助が、当時もっとも有名であった漢学者・重野成斎を文庫長に迎えて、私邸のあった神田・駿河台に静嘉堂文庫を開設したのがはじまりだからです。その後、弥之助と子供の小弥太は美術品にも蒐集の触手を伸ばし、これはこれで優れたコレクションを作り上げました。

しかし本来図書館であったという歴史は、「静嘉堂美術館」ではなく「静嘉堂文庫美術館」という館名になごりを留めています。もちろん、静嘉堂文庫も静嘉堂文庫美術館とともに活動を続けています。静嘉堂文庫には清朝以前の漢籍12万冊、江戸時代以前の和書8万冊を擁して、東洋文化の継承と古典籍の研究に、世界に冠たる貢献を果たしているものと自負しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...