2017年7月14日金曜日

伊井春樹『小林一三は宝塚少女歌劇に……』2


ところが伊井さんは、この定説を疑い、独自の新しい見解を提示します。それは、大正元年63日の『大阪朝日新聞』に載る「宝塚の屋内水泳場」という記事の発見から生まれたものでした。

この記事によると、建物中央の天井は総ガラス張りで、2階は四方すべて桟敷席、床と水槽は色レンガと大理石造りでした。そして夏場は水泳場として用いるけれども、冬の間はプールの上一面を蓋で覆って観客の座席とし、脱衣場に舞台を組んで、劇場と公会堂が一緒になったような施設に早変わりさせる設計になっていると書かれているのです。

伊井さんによれば、プールの水を抜いて劇場にしたのではなく、逆に、劇場に水を入れてプールにも用いたのです。つまり逸翁は、最初から多目的ホールとして造っていたというわけです。僕も伊井さんの意見に大賛成です。かのアイディアマンにして、よい意味で緻密な策略家であった逸翁が、夏場の12ヶ月しか使えないプールに、莫大な資本を投じるはずがありません。

以上が本書のハイライトとなっている伊井新説ですが、それよりも僕がうれしかったのは、神坂雪佳と菅楯彦が登場してくることでした。大正2年春、逸翁はそのプール劇場を利用して、婦人博覧会を開催することにしました。早くから販売していた池田室町の住宅および沿線各地で進めていた住宅開発のサポートと、婦人がリードする新しい家庭像を提案するのが目的だったそうです。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...