2017年8月7日月曜日

静嘉堂文庫美術館「私の好きな茶道具ベスト10」10<交趾香合>4


 「交趾四方魚文香合」から、話は塩になり、お酒になり、酔迂叟先生の『酒の肴』になって、その跋文を紹介しました。のちに酔迂叟先生は、この『酒の肴』およびこれと双璧をなす名著『抱樽酒話』に、さらに明の夏樹芳の『酒顛』と陳継儒の『酒顛補』を訳出して加え、『酒中趣』を著わしました。

ちなみに「酒顛」とは、酒キチガイのこと、丹波国大江山とか近江国伊吹山に住んでいたという「酒呑童子」は「酒顛童子」と書かれる場合もありますね。『酒中趣』の原版は1962年筑摩書房から発刊されたようですが、僕が持っているのは、1984年出た筑摩叢書版です。その序文これまた実に素晴らしいのですが、ちょっと長いので、最後の一節のみを掲げることにしましょう。

酒は もとより吾が性の愛するところ、酒を飲み、酒の書を著わすことは、楽しみ中の楽しみである。酔叟 近頃の日課は、晩酌して早く床に入り、ラヂオを聴きつつ眠る。二時か三時頃に目が覚める。静かに書斎に座して物を書く。ほっこりすると、煙草代りに瓢箪の酒を二杯か三杯のむ。飲み過ぎて眠くなると、復た床に入ることも有る。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

横浜美術館「石内都展」と山口百恵2

坂道も、草原も、ドブ板横丁も、米軍に入りこまれたことによって仕方なく変らざるを得なかったあの街の、独特の雰囲気が、その写真の中では、陰となって表わされていた。哀しかった。恐怖さえ抱いた。 同じ街が見る側の意識ひとつでこんなにも違う。私の知っている横須賀は、これほどまで...