2017年8月22日火曜日

天羽直之さんと百目鬼恭三郎5


先に李賀の名を挙げましたが、いかにも李賀らしい「秦王飲酒」を、天上で美女に囲まれ酒宴を張っている天羽さんを想像しつつ、最後に僕の戯訳で捧げることにしましょう。天羽さんが親しかった荒井健さんの『中国詩人選集』によると、秦王が誰を指すかについては諸説あるものの、特定の人物に当てはめて考える必要はないそうですから……。

秦の帝王 虎に騎[]り 「宇宙の果てまで漫遊せん!!」
空に輝き光る剣 ただひたすらに碧い天
女神の義和が御者となり 太陽 鞭打ちゃ玻璃[はり]の音
吹っ飛ぶ前世の劫火の灰 太平の日々とこしえに
龍頭樽から酒を酌み バッカスの星招き寄せ
ゴールド飾った琵琶弾けば ベンベンベベン夜[よ]を破る
   激しく雨降る洞庭湖 その音あたかも笙のよう
ぐでぐでに酔い怒鳴りつけ 月をも逆に巡らせる
銀色の雲 連なって 瑶[たま]の御殿に夜も明ける
だが役人はまだ今は 宵の口だと嘘を言う
花の楼閣 凰[おおとり]に 似る美女の声なまめいて
人魚が織った薄絹の 模様は真紅 微香あり
黄娥という侍女 千鳥足 舞いつつ勧める長寿の盃
仙人燭樹のローソクは 軽やかに煙[けむ]あげている
青琴とう侍女 微醺帯び 清らな涙 明眸に……

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

横浜美術館「石内都展」と山口百恵2

坂道も、草原も、ドブ板横丁も、米軍に入りこまれたことによって仕方なく変らざるを得なかったあの街の、独特の雰囲気が、その写真の中では、陰となって表わされていた。哀しかった。恐怖さえ抱いた。 同じ街が見る側の意識ひとつでこんなにも違う。私の知っている横須賀は、これほどまで...