2017年9月11日月曜日

東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」1


東京都美術館「ボストン美術館の至宝展」<10月9日まで>

 ボストン美術館はアメリカ・ボストンにある私立美術館です。現在のコレクション点数は約50万点、世界に冠たる美術館の一つです。1869年――日本でいえば明治2年に組織され、7年後、正式に開館の運びとなりました。

洋の東西にわたり、古代から近代に至る各ジャンルの作品を総合的に収集していますが、とくに我が国との関係浅からざる美術館としても有名ですね。アーネスト・フェノロサやチャールズ・ウェルド、ウィリアム・ビゲロー、エドワード・モースらが収集したすぐれた日本美術が、重要な一部門を占めているからです。一時期、岡倉天心が東洋部の顧問や部長をつとめていたことも忘れられません。

 僕にとっても、最も親しく交流した外国美術館なのです。1975年、山根有三先生を団長とする在米琳派調査に加えてもらってお邪魔したのが最初でした。

1982年、I.M.ペイによるウエスト・ウィングが完成したとき開催された、国際シンポジウム「日本の絵画芸術」に招待され、この美術館が誇る尾形光琳筆「松島図屏風」に関する発表を行なったことも、懐かしい思い出として残っています。このときの愉快なエピソードについては、かつて『國華清話会会報』に書いたことがありますので、いつか「饒舌館長」にアップすることにしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...