2017年9月10日日曜日

PPMカバー・バンド Heart Stream 1

 素晴らしい日本人のフォーク・グループです。彼らが愛し尊敬するのはピーター・ポール&マリーのみ、そのPPMサウンドの日本人による再現を目指し、使命としています。そのために演奏技術を練磨し、ハーモニーを洗練させ、完璧を求める行為のうちに無上の喜びを見出しています。

だからこそ堂々と、PPMカバー・バンドとかPPMコピー・バンドと名乗っています。へたにオリジナリティなんか主張しないところが潔く、またカッコイイ!!

そこに生まれたHeart Streamサウンドは、PPMサウンドのコピーでありながら、いや、それゆえにこそ心を深く揺さぶります。あのきわめて難しいPPMサウンドを、ここまで日本人がパーフェクトに再現することができるのかという感動が、まず全身を包みます。

しかし、何度も何度も聴いているうちに、やはりHeart Streamにしか求めることができない、あるキャラクターがおのずと感得されて、感動はさらに深まります。それはPPMに少なかったクリアーな感覚です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...