2017年9月11日月曜日

PPMカバー・バンド Heart Stream 2




まず英語の歌詞がクリアーになっています。ポール河谷徹孝さんやマリー栗原晴美さんのヴォーカルを、耳だけで日本人だと聞き分けることは不可能ですが、PPMのアメリカ英語に比べると、むしろ明晰で透明感のあるキングズ・イングリッシュへ近くなっているような印象を受けます。またギターの一音一音が際立って、クリアーになっています。とくにピーター河内良文さんが奏でる装飾音の華やかなきらめきを、どのようにたたえたらよいのでしょうか。


そしてベースの比重がぐっと高まり、これまた存在をクリアーに主張するようになります。PPMではまったく黒子だったベースが、1/4の重要なパートを占め、ヴォーカルとギターを根底で支えるという本来の役目をきっちりとはたしています。


あの体をリズムに合わせてちょっとコミカルに揺らす、ディック山中義晴さんの演奏スタイルを含めて、Heart Stream最大の個性は明確に立ちのぼるベースの低音にあるといっても過言じゃないかもしれません。


このように、耳をすましてPPMと比較するとき、各エレメントがクリアーに立ち上がっている点に、Heart Streamサウンド最大の特徴があると言ってよいでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

横浜美術館「石内都展」と山口百恵2

坂道も、草原も、ドブ板横丁も、米軍に入りこまれたことによって仕方なく変らざるを得なかったあの街の、独特の雰囲気が、その写真の中では、陰となって表わされていた。哀しかった。恐怖さえ抱いた。 同じ街が見る側の意識ひとつでこんなにも違う。私の知っている横須賀は、これほどまで...