2017年9月12日火曜日

PPMカバー・バンド Heart Stream 3




もちろん、その明晰なエレメントがそのままに放置されるわけではありません。互いが競い合いつつも、みごとなハーモニーへと昇華しています。その結果、PPMに比べて、ちょっととんがったクリアネスとそこから生まれる華やぎが強まった、Heart Streamサウンドが東洋の島国で創り出されることになったのです。


それは微妙な違いかもしれませんが、日本美術と呼応する感覚があることに、僕はとても大きな興味を感じます。それは、日本美術における「写し」の問題です。とくに、日本美術の中核に位置してきた茶の美術における「写し」の存在です。

先行するすぐれた作品をそっくりそのままに写すけれども、そこに生まれるほとんど無意識に近い微妙な差異を楽しむ美意識です。Heart Streamサウンドは、このような「写し」の感覚ととても近いように思われるのです。

もちろんHeart Streamのほかにも、PPMカバー・バンドは少なくありません。しかし、もっとも完璧にコピーしているHeart Streamに、もっとも大きな感動を覚えるのは、ちょっと不思議な感じがしますが、日本美術における「写し」の問題を考えることによって、ある解答を得られるのではないでしょうか。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...