2017年9月14日木曜日

PPMカバー・バンド Heart Stream 5


このごろはもっぱらユー・チューブでPPMを楽しんできました。すごい時代になったもんですね。アンディー・ウィリアム・ショーや、ジャック・ベニー・プログラムに出演するPPMまで、簡単に見られる時代になったんです。

しかし不思議なことに、ユー・チューブでHeart Streamに逢着したのはごく最近のことでした。あまりのすばらしさに、さっそく「饒舌館長」でオマージュを捧げさせてもらうことにしたというわけです。

もちろん僕もPPMのファン、”In the early morning rain” ”Blowing in the wind”“500 miles”は、数少ない持ち歌のなかの3曲です。京都美術工芸大学ライブラリアンの森一朗さんと、二人の頭文字をとってウッディー・リヴァーというフォーク・デュオを結成、学園祭でこれらを披露し、やんやの喝采を受けたことも(笑)、旧ブログにアップしたとおりです。

とはいっても、小室等率いるPPMフォロワーズの教則本の前で、あえなく白旗を掲げた僕にとって、河谷さんや河内さんのスリー・フィンガーなどは高根の花のまた花です。

また、遠距離デュオとなってしまったウッディー・リヴァーを、Heart Streamのように続けるエネルギーもすでに枯渇しちゃっています。というわけで、このごろは老人性腱鞘炎をだましだまし、似非スリー・フィンガーでひとりPPMをがなりたてるだけの悲しき高齢者フォークです。しかも来年は、後期高齢者フォークになることが約束されちゃっているんです(!?)

 


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...