2017年10月7日土曜日

小澤優子文化交流サロン4


しかし少なくとも仏教美術において、誕生仏以外に、釈迦幼児時代の姿を独立して造形化する伝統があったかどうか、専門家に訊いてみたいと思っています。あるいは、「過去現在絵因果経」の中のワンシーンを、独立させたような絵画作品がたくさんあるのかもしれませんから、聖なる幼児独立像である稚児大師像が日本独特のイメージであると断言することは憚られます。

しかしそこに、子供純真観や幼児聖性観があった事実は、否定できないように思われます。すぐれた幼児独立像が作られた聖徳太子と弘法大師が、ともに日本の宗教者であることを、僕はとても興味深く感じるのです。

それは『万葉集』に採られる山上憶良の有名な一首「銀も金も玉も何せむに勝れる宝子にしかめやも」に象徴されています。あるいは『梁塵秘抄』の「遊びをせんとや生まれけむ、戯れせんとや生まれけん、遊ぶ子供の声聞けば、我が身さえこそ動がるれ」を思い起こせば充分でしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

京都国立博物館「池大雅」3

何よりも最初に、中国の古典によって、豊かなイメージの世界が培われていたのです。それは胸底の丘壑ならぬ、胸底の中国という心象でした。それを通してすべてのものを見るという視覚回路、あるいはさらに思考回路が出来上がっていたのです。 広く日本を歩き回った旅も、本当はそうした...