2017年11月15日水曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」6


04『源氏物語』若菜上(与謝野晶子訳)
支那の産の猫の小さくかわいいのを、少し大きな猫があとから追って来て、にわかに御簾の下から出ようとする時、猫の勢いに怖れて横へ寄り、後ろへ退こうとする女房の衣ずれの音がやかましいほど外へ聞こえた。この猫はまだあまり人になつかないのであったのか、長い綱につながれていて、その綱が几帳の裾などにもつれるのを、一所懸命に引いて逃げようとするために、御簾の横があらわに斜に上がったのを、すぐに直そうとする人がない。

05万里集九「猫児双蝶図」(『万里集九集』6)
咲き定まりたる牡丹花は ほかの花とは交わらず
  日なかの木陰傾くも 母ネコ眠らず子のために
  誰かが見てる春の夢 蝶々[ちょうちょ]のはかない羽のよう
  鋭い牙にもかからずに 二匹の蝶が悠々と……

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

細見美術館「末法/APOCALYPSE」4

四季の柳を描く。右隻春夏、左隻秋冬なり。右隻は樹の背後に盛上げの柴垣あり。春柳の垂下するさま、夏柳の風になびくさまがすばらしい。左隻は秋柳――長い葉を垂らしている。冬柳――少し雪を被る。葉を打ち落としているが、ごく一部に青い葉が残る。三宝院を思い出させる。左隻にも柴垣あり。左...