2017年12月5日火曜日

東洋文庫ミュージアム「東方見聞録展」5


 特に驚いたのは、キリスト教のなかに、儒教との共通性を認めようとする「象徴派」なる一派――英語では「フィギュリズム」というようですが、そういう一派が存在したという事実でした。

そんなバカな!! キリスト教は人間を超越した絶対神を頂点とする宗教であり、儒教は人間社会に最高の価値を認める宗教ではありませんか。そもそも儒教が宗教かどうかはきわめて疑問であって、むしろ哲学、さらにいえば人生哲学に近いのではないか――僕はこんな風に考えてきました。

それがなんと、なんと、両者には交響する思想が潜んでいるというのです。もしこれを中国人が言い出したのなら、僕も驚きませんよ(!?) しかしこの場合、主張したのは西欧のイエズス会だったのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

京都国立博物館「池大雅」3

何よりも最初に、中国の古典によって、豊かなイメージの世界が培われていたのです。それは胸底の丘壑ならぬ、胸底の中国という心象でした。それを通してすべてのものを見るという視覚回路、あるいはさらに思考回路が出来上がっていたのです。 広く日本を歩き回った旅も、本当はそうした...